オリジナル提灯


ORIGINAL


青野商店では既存の提灯製作のみならず、木版画を火袋にした「版画提灯」をはじめ、書道とのコラボレーション、そして現代の光源LEDをマイコンで制御した提灯など、既成概念に囚われず、新しい作品を生み出してまいりました。


富張版画提灯 / Tomihari’s wooden engraving

Placeholder image

国際的に高い評価を得ている茨城出身の木版画家、富張広司氏とその奥様、也以さんによる作品を水府提灯に仕立てました。独自の木版画世界を築き半世紀。茨城の景勝地をモチーフにした「筑波山」「偕楽園」などをはじめ、「浮世絵」や「美人画」などすべてサイン入りのオリジナル作品です。地元の頑丈な「西ノ内紙」で制作しているので、元来「水府提灯」がもつ強靭な佇まいと力強い“富張版画”が見事に融合。それを当社の職人が一つひとつ手づくりで丁寧に仕立てております。(店内展示あり)


書道提灯 / Japanese calligraphy

Placeholder image

国内外問わず幅広く活躍する水戸市在住の書家、北條蘭徑氏による作品を提灯に仕立てました。提灯の文字入れは 火袋を張り上げた後、専門の職人が筆で描きますが、今回の「書道提灯」は作品である「書」を火袋に仕立てるという、従来と逆の方法でつくられた提灯です。(店内展示あり)


マイコン提灯 / Microcontroller

Placeholder image

水府提灯を使ったイベント「みんなで灯そうNIPPONの提灯」で屋根裏研究所と製作した作品です。提灯の火袋を連続して繋ぎ合わせ中に240個のLEDを入れて、イタリア製のマイコン「アルドゥイーノ」で制御させ虹色に流れるように光らせる、電飾提灯です。イベントのアクセントに使用されています。


季節の小窓 / Seasonal small windows

Placeholder image

当社スタッフが工夫を凝らした提灯が、店頭に設置されたショーウインドウに展示されております。春には桜や節句にちなんだ提灯、夏には蛍光塗料をあしらった不思議な提灯、秋は紅葉、冬は雪の妖精など、四季折々を表現した創作提灯で、街行く人々に楽しんでもらえるようスタッフの願いが込められています。常時展示しておりますので、是非足をとめてご覧ください。

株式会社 青野商店
〒310-0036 茨城県水戸市新荘1-5-50
TEL:029-221-2491(代) | FAX:029-231-6570